人間関係のストレスを排除する究極の心理学を学ぶための3つのコツ ?>

人間関係のストレスを排除する究極の心理学を学ぶための3つのコツ

基礎事項を徹底的に頭に叩き込む

心理学を扱うためには、基礎事項を頭に入れる必要があります。使い方や応用力を早まって求めるのではなく、まずは基礎的なことを学ぶ必要があります。つまり、暗記から始めることがポイントになります。心理学には多くの分野があるので、その分野をまず決定して、その分野の基礎を学びます。ただ暗記するだけでなく、『どういう状況で利用することができるのか』や『自分だったらどう利用するか』等を考えながら取り組むと、より効率的に暗記することができます。

基礎事項が固まったら実践し、検証する

心理学の基礎事項を学んだら、次は実際に活用することが必要です。どういう状況で活用できるのかと考えながら取り組むことで、より深く心理学を学ぶことができます。多くの人が学んで終わってしまい、無駄になっています。それを避けるためにも実際に活用する必要があります。そして、実践した後は、その結果を検証しなければなりません。なぜ成功したのか、なぜ失敗したのか、これを繰り返すことで心理学を正しい利用法を身につけることができます。

心理学を興味ある人に教えてみる

心理学の基礎事項の覚え方や実践方法を身につけた後、今度はそれらを教えると良いです。心理学に興味ある人にお話をし、実際に指導することでより頭に定着されます。これによって、心理学の学びを再確認することができるので、良い復習の機会となります。また、実際に心理学を実践したことを自分の指導者にお話することもオススメです。自分が学んだことを伝えることで、自分だけの心理学を身につけることができ、他の学んでいる人よりもはるかに高度なレベルで身につけることができます。

心理学の大学では心理学という名称以外でも心理学を教える学科名があります。例えば人間科学という名称の学科名で、大学を選択する際は注意しましょう。


Comments are closed.