相続税の相談をすること!その準備に関すること ?>

相続税の相談をすること!その準備に関すること

相続税の盲点の一つとしては

相続税には意外と盲点があります。要するにいくらでも対策ができることがあるわけです。これは脱税という意味ではなく、キチンと合法的なことになります。それによって、上手く税金を節約できるようになります。その一つとしてあるのがなんといっても、贈与になります。贈与もお金がかかることではありますが、実は非課税の部分もあります。これは一律で一人当たり110万円の年間の非課税枠があります。そこを活用するべきです。

相続させる財産は現金のみではなく

相続税自体は現金で支払うことになります。つまりは、基本的に物納ができないわけです。そのため、不動産を受け継いだ場合、それを処分として支払う、と言う人も多くいます。それはそれで仕方ないことではありますがやはり不動産で相続させることは少しは良いです。それは要するに家作です。つまりは、そこから家賃収入を得ることができるのであれば、それはとてもよいわけです。そうすれば金の卵を産み続ける財産を渡せるようになります。

相続は法律になりますから

法律というのは、知っている人の味方になります。ですから、相続税に関することもそれは同じになります。ですから、可能な限り、合法的な対策をしたほうがよいに決まっています。相続をする、というのは法律行為になりますから、これは相談するのであれば弁護士にするとよいでしょう。そうすればとりあえず失敗することはなくなります。どこまでの対策ができるのか、というのは知ることができます。それで実行できそうな物はするべきです。

相続税相談は最寄りの税務署の資産税課ですることができます。しかし、税理士と違って書類作成はしていただけないので、自分で申告書を書くことのできる人が利用したほうが良いでしょう。


Comments are closed.