過払い金請求をすること!自己破産も視野に ?>

過払い金請求をすること!自己破産も視野に

過払い金請求をすることによって

過払い金請求というのが流行しています。それによって、消費者金融業界が傾いた、ということもあります。しかし、利用者側としては過払い金が少しでも戻ってくるのであればこれは有難いことです。これは自力でやろうと思えばできることではありますが、それができないのであれば弁護士に依頼することです。そうすればほぼ確実に成功することになります。しかし、返還される金額と弁護士費用のバランスが問題ないのか、ということを確認しないと駄目です。

最終的には自己破産も視野に

過払い金請求をして、多少なりともお金が還されたとしても、まったく債務が減らないこともあります。殆ど焼け石に水、ということもあるわけです。そうしたときには自己破産も視野に入れたほうが良いでしょう。これも弁護士に相談をすることになります。そこまで難しいことではないですから、基本的には早めに行動したほうがよいです。過払い金があるならばやるべきですが、そこまで意味がない場合も返還される金額次第ではあるわけです。

過払い金請求は無駄であるのか

過払い金請求というのは、極端に巨額になることは少ないです。それでもやることは無駄にはならないです。では、どうして巨額にならないのか、といいますとこれは利息として支払いすぎた分、というだけであり、そこに金利が乗ることもないですし、実は極端に儲けが出るわけではないです。そもそも自分の支払ったお金ですから、利益はないといえます。それでも自己破産を防ぐことができるならばやる価値はあります。自己破産は本当に最終手段です。

自己破産は借金を帳消しにするものとの印象がありますが、続いて債務免責の許可を受けねば、それは認められません。 その際、ギャンブルにより著しく財産を減らしている場合は、免責が認められないことが多いです。


Comments are closed.