相続税の相談をする時には節税も意識しましょう ?>

相続税の相談をする時には節税も意識しましょう

税理士に相談をすることについて

相続に関することは基本的に弁護士に相談したほうがよいでしょう。法曹資格として最高であることは確実ですし、それは安心できます。では、基本的には税理士の出番はないのか、と言えばそれは違います。一応は相談できるようになっています。そもそも税務のスペシャリストではありますが、これはとてもお勧め出来ることであるといえるでしょう。言うまでもありませんが、相談をすることにはお金がかかることになりますから、まずは見積もりです。

出来る節税を教えてもらう

出来ることをとにかく教えてもらう、ということもよいでしょう。節税というのは意外と多くありますから、それをするとよいです。相続税対策をするために税理士に相談をする、というのは十分にありでしょう。そして、出来ることはすべて実行することです。それによって自分が得になるのであれば、それこそが最高の状況であるといえます。税理士はそうしたことをよく知っていますから、心配することはないでしょう。まずは相談です。

誰にでもできる相続税対策

相続税対策としてよくあるのが贈与になります。実に当たり前ではありますが、贈与にもお金がかかることになりますから、それは避けるべきでしょう。では、どうすればよいのか、といいますと税金がかからない枠がありますからそれを利用するわけです。相続とは要するに相続させる金額をとにかく抑える、合法的に少なくするのが重要になります。これは浪費する、という意味ではなくあくまで相続人に渡せるような行為にするのが重要なのです。

相続の申告を税理士頼んでおけば、間違って申告したことで追徴課税を取られることがないので安心できます。


Comments are closed.